すぐに移動出来るように、一人で持てる小さくて軽い物を選んでいます。

軽い物を選ぶ

生活をする上で、物は必要です。

その物を置く場所も必要です。

しかしなるべく物は置きたくありません。

物を選ぶ際、簡単に移動出来るようにと、折り畳める物や軽い物にしています。

移動しやすい工夫をする

私と妻のパソコン机と食事用のテーブル(こたつ)にも、移動しやすいように全てキャスターを付けています。

それらの物は置かざるを得ないので、せめて移動しやすいようにと工夫しています。

冷蔵庫と洗濯機には危なくてキャスターは付けられませので、一人で移動出来る大きさにしています。

洗濯機も冷蔵庫も動かすのは面倒くさいですが、一回置いたら次の買い替えの時期まで移動出来ないというような大きさではないので、年に数回は移動して掃除を行います。

大きなタンスの代わりにフィッツケースを使用しています。

これも移動は楽です。

ただ、木製の物に比べるとカビが生えやすいのが難点です。

年に数回程度ですが、引き出しを全部開放して換気しています。

軽くて移動しやすい物を使って快適に過ごす

物を移動しやすくしておくと、気分次第でコロコロと模様替えが出来ます。

この場所をスッキリさせたいなと思ったら、ササッと即時に物を移動させる事が可能です。

しかし、折り畳みだったり簡易的な物だと、壊れやすかったり使いにくかったりと、一長一短あります。

そこをどう折り合いをつけるかですが、今の自分には、とにかく簡単に移動できる物という事が最優先なので、簡易的な物を選んでいます。

物を置かざるを得ない状況でも、移動しやすくしておくと快適に過ごせます。