無一文で実家から追い出されたが、何とかなるもんだ。

学校を卒業したら、実家から仕事に通いだしました。

しかし、上司と喧嘩して、数日で仕事を辞めました。

親父に激怒され、仕事を辞めた翌日には家を追い出される事に。

親父が仕事に行っている間に、母に出ていくように告げられて、それから数時間後に家を出ました。

猶予は与えられません。

記事タイトルの「無一文」は言い過ぎました。

実家の玄関を出る時に母から2万円か3万円貰いました。

季節は4月です。

まだ寒い時期。

バッグ一つと、もしかしてギターを持っていたかもしれません。

そこはハッキリ覚えていません。

いずれにしろ、意図せず「ミニマリスト」になってしまいました。

公園のベンチに寝転がって、途方に暮れていた事をまだ覚えています。

そこから友達の家を転々とする事に。

日雇いのアルバイトをして、家を追い出されて2~3か月後に自分でアパートを借りました。

それから数年して、やりたい事が出来たので上京する事に。

上京時も全財産は3万円ぐらいだったと思います。

最初は住み込みで働いたり、居候したりして生活していました。

当時は漫画喫茶とかは有りませんでした。

安く泊まれる場所といえばカプセルホテルです。

川崎のカプセルホテルに何度か泊まった記憶があります。

幸いに路上生活はした事有りません。

転々とした後、20代半ばの頃に、所謂、高級住宅地と言われる場所に部屋を借りました。

と言っても、ボロアパートでしたが。

そこに2011年まで住みました。

身の丈に合っていない高級住宅地だったので、私の行動は浮きまくっていました。

それでも数年すると馴染んできました。

最初は居心地が悪かった場所ですが、そのうち、「一生ここに住もう!」と思えるようになっていました。

そんな気持ちになっていたのにも係らず、現在は思いもよらなかった場所に住んでいます。

人生どう転ぶか解りません。

若い頃は2~3万円でどうにかなると思っていたのでしょうかね。

今はそれよりかは多く手元に有りますが、不安でしょうがないです。

昨日、今日と、暇にしていると余計な事ばかり考えてしまうので、記事を書いて気を紛らわしています。

そんななか昔の事が思い起こされました。

「お金無くたって何とかなるさ!」のあの頃の自分が羨ましいです。