持たない暮らしの参考にと思い「地球家族」を読んでみました。

持たない暮らしのヒントになればと思い「地球家族」という本を図書館で借りて読んでみました。

各国の一般家庭の持ち物全てを家の外に出してもらい、それらを撮影した写真集です。

もう20年も前の本なのですが、当時の各国の特色がまざまざと出ています。

日本の家の紹介ページでは、物の多さに圧倒されます。

出版から20年以上経ち、今ではどのように様変わりしているのか、続編も期待したいところです。

しかし、このような本を読むと改めて「持たない暮らしがしたい」なんていう選択肢を持てる日本と自身の境遇に感謝です。

今ではネットの普及により、昔じゃ知り得なかった事も否応なく目に入ってくる状況となりました。

各国の諸事情を伺うと、日本とのあまりの違いに、頭がクラクラする思いです。

日本の常識は日本だけのものであって、他の国には通用しないんだなと気付きます。

この本が発売された20年前の20代の頃にこの本を読んいたら、免疫が無い分、今よりもっと激しく頭クラクラさせられた事でしょう。

そんな事を感じさせられる本でした。

地球家族―世界30か国のふつうの暮らし