持たない暮らしを推奨する同調圧力が掛かる世の中になったら。

我が道をいく

私は酒と煙草をやらず、野球もサッカーも観ないので、今までに何度か、「何が楽しくて生きてるの?」なんて質問をされた事が有りました。

若い頃はサッカー以外全部やっていたので、そう思われるのはわからないではないですが、暗に「皆やっているのに何でやらないの?やろうよ!やろうよ!」みたいなプレシャーを感じてしまいます。

私も妻に対してそのような発言をしますので、妻からは「好きなようにさせて!」と、たまに批難されます。

持たない暮らしを暗に勧められているし勧めている

そのような状況を表す言葉を調べたら、同調圧力って言うみたいです。

簡単に言うと、「空気読めよ!」という事でしょうか。

このブログもシンプル生活を題材にした事を書いているので、大げさに言うと、「シンプルでいこうよ!」と同調圧力を掛けているのではないでしょうか。

昔は、自ら望んで持たない暮らしやシンプル生活を実践している人は少数派だったと思います。

今でも少数派でしょうが、人と話をしているときに、明確な言葉ではっきりと言わないまでも、言葉の端々から、持たない暮らしやシンプルな生活をしている、またはそんな生活がしたいと望んでいるのではないかと思われるような人が多くなっている事を実感します。

また、私が捨て作業を始めた頃は、「シンプル」「捨てる」「持たない」等に関する本やWebでの記事は少なかったのですが、昔と比較すると、本や実践している人のブログやらの情報が多数存在しています。

テレビでも捨てる事を題材にした番組や、持たない暮らしを推奨する有名人の発言を見かける頻度も多くなってきました。

今日もテレビで「人生変わる片付けTV 8割捨てる!極小生活」なんていうタイトルの番組をやっていました。

今や「持たない暮らし」もスッカリ市民権を得たように見受けられますし、それを商売にしている企業も存在しています。

何のための同調圧力か?

そんな現状を見ていて嬉しく思う反面、断捨離ブーム等が更に加速して、「皆やっているのに何でやらないの?」みたいなレベルになってしまうと、その先にはどんな状態がやってくるのだろうか?と心配してしまいます。

世の中の動きが持たない暮らしや離捨離を推奨する事で、それに感化された人達が、互いに同調圧力を掛けだし始めると、空気を読む事が得意な人々達は皆「い~らない!」となり、経済活動はどんどん衰退していき、日本国民は更に貧乏になっていく事でしょう。

それはそれで、貧乏だけど幸せ指数が高いどこかの国のように、幸福度の高い世界へ導いてくれるような良い指導者が存在してくれれば良い事かもと思いますが、そんな事は全く期待出来ません。

また、本来は人に物を売り込みたい側に立っているテレビが、捨てる事を推奨する番組をやりだすと、何のステマかなと懐疑的になるのですが、そこから想像出来るのは、まずは溜めこんだ物を捨てさせてリセットさせ、新たにスペースを確保させておいてから、次に必要性を煽ってまた買わせるのが目的で、シンプル生活、持たない暮らし、断捨離ブームは、結局は「新たに物を買わせる為」の布石なのだろうか?と想像したりもします。

そんな事を想像すると、「俺は気付かないうちに洗脳されているのでは!?」と考えさせられます。

今のところシンプル生活が快適なので止める事は考えられませんが、一方で妄信せずに、持たない暮らしのメリットやデメリットを考慮しつつバランスを保って、周りに惑わされずに現状を維持していかなければと思います。