物が減り、心がリセットされ、若い頃の感覚が蘇り、新たな道が見えてきた。

多くの物を持つと、維持管理にお金と手間が掛かります。

貴重なスペースも占有される事となります。

沢山の物を持つという事は、自らに不自由を強いる事にも繋がります。

時間も、お金も、スペースも有限ですから。

物を処分する事で解決出来る話なのですが、それがなかなか出来ない。

一旦、自分の物になると手放し難くなりますからね。

いつしか、物を持つ事が悩みの種へと変化してしまいました。

物を持てば持つほど、その物が自分の人生の足枷になると気付いてからは、時間を掛けて徐々に減らしてきました。

ようやく、まだ物を持っていなかった頃と同じぐらいの物量へと近付いてきました。

そのせいか、その頃と同じような感覚がふと過ぎります。

「物が多くて悩まされる」なんて事が皆無だった、若かった頃の感覚。

何も持っていない身軽だった頃の「空気感」と言えば良いのでしょうか。

「物を持っていなかった若い頃って、なんか・・・こんな感じだったよな~」

と、そんな懐かしい空気感に浸る事があります。

常に「あっぷあっぷ」している状態から解放されたくて物を減らしてきました。

物を手放す事により、手間や経済的な負担が減り、時間に余裕が生まれました。

しかし、「いい歳して、俺って何も持ってないな」、なんて事を思ったりもします。

身軽になり嬉しいと思う反面、寂しさも生じていました。

そんな感情も、いよいよ物が無くなってくると、若い頃の感覚が蘇るようになりました。

憑き物が落ちて心がリセットされ、新たな道が目の前に開けたような気分にさせられます。

「何も持ってないから、また一からやり直そうかな」というような感情が湧いてきました。

これからはどんな道を選び歩むのかは自分次第で自由です。

第二の人生?は、物を抱え込まず、身軽に生きていきたいものです。

スポンサーリンク

フォローする