【個人事業】ジリ貧状態から脱却したい。

いきなり仕事を失う

一か月前の事ですが、急に仕事が無くなりました。

全く備えをしていなかったので、現在かなり苦しい状況です。

日頃からしっかり考えて行動していれば、こんな事にはならなかったのでしょうが。

個人事業主は常に仕事を追い求めなくてはならない

個人事業主は常に仕事を追い求めない事には経済的安定は得られません。

サラリーマンではないので全く保証は無し。

サラリーマンだって今の時代、突然仕事を失うような世の中です。

個人事業主なんて尚更不安定。

取引先の意向でコロコロ状況が変化します。

「明日から要らないよ」と言われる事もざらにあります。

その為、常に仕事の受け入れ間口を大きく解放してやり、出来るだけ仕事を確保しておきたいところです。

が、それを全くやっていなかった。

基本的な事を疎かにしていたので、危機的状況になるべくしてなりました。

慣れにより足取りが重い

仕事が無くなったところで、すぐに次の行動に移せたら良いのですが。

それが出来ずに一か月も経ってしまいました。

ぬるま湯状態を長く続けてきたせいか、なかなか現状から抜け出せずにいます。

「ぁぁぁ、働きたくない・・・」

「けど、働かない事には干上がってしまう・・・」

不安を抱え悶々とする日々。

いざというとき、ネガティブな感情により心を支配される

こういった状況に陥ってしまったときの対処法は確立していたつもりです。

なので悠長に構えていた部分もあります。

が、いざその時になると対処法なんてものは全く役に立ちません。

ネガティブな感情に押しつぶされるのみ。

なかなか最初の1歩が出せない。

せめてもの救いは、毎月の固定経費や家計支出が少ない事。

そのせいもあり、なかなか尻に火が点かないという事もあります。

ジリ貧になるのみ

今まで「なるべく働きたくない」と思い、なるべく仕事を減らしてきました。

そうしていると当然ながらジリ貧になります。

貧乏でも特に不満を感じる事なくやれていたうちは良いのですが。

ここ一か月の間に貧乏の辛さをヒシヒシと感じました。

貧乏の辛さと言うか仕事が無い辛さですね。

仕事をしないとお金が入ってこない。

お金が入ってこないという事は、住む家を失いご飯も食べられなくなる。

ご飯を食べられないという事は「死」に向かっている?

「仕事をしない」 = 「死」

を、ありありと実感したような気がします。

貧乏どころじゃ済まないですね。

お金の事で悩まされるのは終わりにしたい

しばらくの間、結構怖い思いをしながら過ごしていました。

過去にもピンチはありましたが何とかなってきました。

が、それも過去に集めた仕事(顧客)の量が有っての事。

今はほぼゼロに近い。

行き付くところまで行ったという感じ。

こうなってくると今までのように「なるべく仕事をやりたくない」なんて言っていられません。

それに早いところ、こんな怖い想いをさせられる状態から脱したい。

となると仕事に頑張るしかない。

選択肢は仕事に頑張るのみ

今回、お金の事で心を消耗させられるのは「もー勘弁して欲しい」と心の底から思いました。

勝手気ままに仕事をやったりやらなかったりで、ストレスフリーではありますが、その分お金の事が気になり消耗させられるのは辛い。

血迷って「勤めに出たい」なんて気持ちが一瞬湧いたりもしました。

が、隣の芝生は青く見えると言います。

勤め人はそれなりにキツイでしょうから、グータラの自分が出来るわけない。

残された道はやはり自分でなんとか生きていくしかない。

という訳で仕事がんばります!

と、やっと、今まで言えなかった事が言える段階まで来ました。

 

Amazon.co.jp: 失業生活
Amazon.co.jp: 失業生活
お金仕事
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lightをフォローする
スポンサーリンク
~身軽でいきたい~
タイトルとURLをコピーしました