やりたい事は気力と体力が有り余っている時期にやっておけ!

先日、最終目標である大物を処分しました。

【断捨離完結】最終目標を達成した【大物処分】
絶対に捨てなきゃいけない物 絶対に捨てなくちゃいけない物がありました。 それはボートです。 それをやっと処分したのですが、手放すまで10年掛かりました。 維持にはお金と手間が掛かる 結婚を前にして、経済的な理由でボ...

 

それまでは玄関先や外の空きスペースに大物が鎮座していました。

自分の好きな物がすぐ手の届く範囲内にある事は、それはそれで良かったのですが、無くなれば無くなったで気持ちがスッキリしました。

 

3年前は軽トラック1杯分の物量まで減らしたいと考えていました。

軽トラック一台分の荷物で暮らしたい。
「トランク一つ分の荷物で暮らす」なんていう事を妄想します。 が、現実にはとうてい出来そうにありません。 では、どれぐらいの荷物量まで減らす事が可能か?と思い試算してみました。 引越を想定して、「どれくらいのトラック...

 

現在、自分の物だけで言えば軽トラックより更に小さい軽バンの物量ぐらいまでになりました。

共有物の洗濯機と冷蔵庫、また、妻の物を全部合わせると軽バン1台では済みませんが、3年前に比べるとかなり減っています。

軽バン

 

 

物が少なくなり、気持ちも軽くなり、引越する事に対してかなりハードルが下がりました。

やっとこれで昔からやりたかった「旅するように暮らしたい~」が実現できる!

と言いたいところですが、現実にはそんな事は無理そうです。

と言うのも、月日は流れて現在、昔の想いは縮小してしまっています。

また、昔は田舎暮らしがしたいと思い必死で考えていましたが、いまは「無理」かなと思わされます。

相変わらず憧れはありますが、歳をとり、金、気力、体力がなくなったせいか、「ちょっと厳しい」という事を実感させられます。

 

 

やりたい事は、思いが強く気力体力が有り余っている瞬間にやるべきでした。

無謀だったし、失敗する確率も高かったでしょう。

が、タイミングを外してしまうと、次のタイミングは延々に来ないかもしれない。

断捨離を実践して最終目標も達成させて身軽になったところですが、いまのところはそんな事を感じて落ち着いています。

とは言え、先の事はどうなるか解りませんけどね。

タイトルとURLをコピーしました