「よく遊ぶ人ほど成功できる」を読んでみた結果。

成功したいと思いませんか?

しかし、成功するために何をすれば良いのかわからない。

または、成功する為に努力はしているのだけれど、全く成果が出ない。

右往左往した挙句に思考停止してしまい、結果、ダラダラとユーチューブ動画を見て一日が終わる日々・・・ ← 私の事。

 

ほんと、自分のやる事なす事に、ほとほと嫌気が差している今日この頃です。

これは私の根っこの部分がダメダメなんでしょうね。

根っこが腐っていると大樹になれない。

そう考えると根っこの部分を早々に改善してやらねば!

なんて思うが、どーすれば良いのか解らない・・・

 

という訳で、数年ぶりに自己啓発本を読んでみる事にしました。

HDDの中に自炊した自己啓発本が数十冊分保存してあります。

その中から選んだのは よく「遊ぶ人」ほど成功できる あなたの夢を実現させる「脳」の使い方 です。

出来れば遊びながら成功したいとの思いでこの本を選択。

この本を買った当時もそんな事を願いながら買いました。

 

内容はこんな感じ。

  • 成功の秘訣は脳の使い方にある。
  • 成功したければ、まず「成功脳」を作る事。
  • 成功脳を作るにはベータエンドルフィン(多幸感をもたらす脳内物質)とネオテニー(子供っぽさ)を引き出す。
  • その為には「遊べ! 物を買え! 欲を持て!」

という内容。

 

持たない暮らしを目指してモノを沢山捨てまくっていた頃には嫌悪したであろう内容です。

また、「成功したい」とは言いつつも、そもそも私には原動力となる「欲」が弱い事にも改めて気付かされました。

 

成功出来ないのは欲が無い事が原因。

成功したければ欲を持て!

欲を上げる為には、童心を思い出し、高い物を買い、身体を動かして遊べ!

と書いてあります。

が、今まで必死に抑制していた内容です。

それをヤレ!と書いてあります。

 

50歳を過ぎて益々質素倹約で、小さく暮らしいこうという気持ちが大きくなっています。

なので「高い物を買え」には同調する事は出来ません。

しかし、「童心を思い出す」や「身体を動かして遊ぶ」事には賛同させられました。

また、そうしなくちゃいけないとも気付かされました。

 

50歳を過ぎて気力体力の衰えを実感して縮こまりがちになっております。

また、何事も縮小方向に進まなければという気持ちも大きくなっています。

しかし!

そんな事じゃいけない!

童心に戻って体を動かして遊ばなくちゃ!

そのような欲はむしろ強くしたほうが良いよね!

 

そう気付き、そんな気持ちにさせてくれたので、それだけでも読んだ価値があったのではないかと思います。

また、読書欲が皆無だったのですが、これを切っ掛けに他の本も読み返してみたくなりました。

1冊の本を読んで、書いてある事を少し実践しただけですが、「欲」が少し喚起させられたようです。

早速? 成功脳が作られつつあるのでしょうか?

だったら嬉しいですね。

やる気を喚起したい方には役立つ本かもしれません。

よく「遊ぶ人」ほど成功できる  佐藤富雄 著

タイトルとURLをコピーしました