捨てるか否か悩まされて時間を浪費させないために早々に決着を付けた。

先日、ギターケースを捨てるか否かと悩まされました。

今回は過去の例に倣って早々に決着を付ける事に。

 

結果、ギター諸共解体して捨てる事を決意。

そして今の趣味に合った新しいギターを買おう!

 

その際にケースは買わない。

これで解決!

 

と、する事にしました。

しかしお金が掛かる。

 

今持っているギターを売ったら少しでも足しになるかな?

という欲が出て来てヤフオクで売却するへ変更。

しかし、早々に決着を付けるためにも出品期間は短く設定。

 

結果、想像以上の値段で落札されました。

その理由は「MADE in JPAN」という事みたいです。

 

私のギターは海外ブランドなのですが、製造国が日本だという事を今回初めて知りました。

そーいえば日本製ってどんどん少なくなっていますよね。

 

希少性が上がっていたようです。

昔の感覚だったらそんな事を知ったら執着心が爆発して手放せなったでしょう。

 

早速、落札額で目星を付けたギターを買おうと思います。

その目星のギターは中国製です・・・

 

それにしても、今回はあっさり事が済みました。

執着していたギターですが、私の中の賞味期限はとっくに過ぎていたのかもしれません。

 

それを実際にしばらく使ってみた事でハッキリと自覚出来たのでしょう。

趣味は変わるものですから当然でしょうか。

 

また、このままギター無しでも良いかもしれないという気持ちも湧いてきました。

ずっと執着して手放せなかった物ですから。

 

それを手放せたという事は、更に身軽になれたという事じゃなかろうか?

なんて考えていると、重荷になりそうな物をまた新たに手に入れるなんて事は止めといたほうが良いかも。

 

今のところどちらに転がるかハッキリさせていません。

一時の物欲に惑わされずに、豊かさに繋げられるか否かで判断出来ればと思います。

 

とりあえず今回は早々に行動に移して無駄に悩む時間を削減出来ました。

有意義な判断だったと実感しています。

タイトルとURLをコピーしました