【都会or田舎】トカイナカで縛られず身軽に生きていく。

当ブログを始めた頃は(2015年)、いろいろやりたい事がありました。

 

  • 田舎暮らし
  • 二地域居住
  • 家を買う
  • 海辺で暮らす
  • 自給自足的生活

 

など。

田舎で大きな家に住む事になったら、断捨離をやってきた事は無駄になるのか?
田舎暮らしへの想い (南会津群只見町にて) 不要な物を排除する断捨離作業が落ち着くと、次に田舎暮らしへの想いが膨らみ始めました。 田舎暮らしをしたい理由は様々あります。 その1つとして「音」。 現在...

 

その後、田舎暮らし計画は停滞。

始める前から挫折しそうな田舎暮らし。
田舎暮らしに憧れています。 いつかは実際に田舎で暮らしたいと考えています。 それを実現させるために、長い時間を掛けて地道に計画を進めてきました。 しかし、そんな想いや行動は、数か月前までの話となっています。 ...
田舎暮らしでの人付き合いに恐怖心を抱く。
私の生まれと育ちは地方都市です。 人情の厚い地域だったと言いきれます。 20歳を過ぎて上京しました。 当初、見ず知らずの土地へ馴染むのは大変でしたね。 馴染むのが大変と言うか、馴染めずに引き籠っていました。 ...

 

しかし、緊急事態宣言が発令されるような事態になると、「早いところ田舎へ移住しておけばよかった」

なんて想いがぶり返してきました。

が、結局、考えれば考えほど、そのような情熱は消滅の方向へ。

 

出来る事であれれば今からでも実践したいと考え、妄想にふけってみると・・・

実現するまでに、面倒臭い問題をクリアしなければいけません。

それを考えると、「もう今のままでイイや」

なんて想いへ落ち着く事に。

 

早い段階でそうなるのも、老いて気力と体力に陰りが出てきたせいかと。

いろいろ面倒な事を「乗り越えよう」という気持ちが湧かない。

「ちょ~面倒臭い」

というネガティブが襲ってきます。

 

そもそも、田舎暮らし、二地域居住、家を買う、自給自足的生活なんて・・・

身軽さが損なわれてしまう。

 

わざわざ不便な田舎に身を置かずとも、都会に住んで、たまに山や海に行けば良いや。

なんて考えに変わってきました。

また、そうすべきだと思うように。

 

となると、ほどほどの場所が今の自分にとっては一番かと。

そう!今住んでいるトカイナカが実は最高だった!

 

まぁ、状況は変わるものです。

気の赴くままに、無理せず緩くやっていこー。

タイトルとURLをコピーしました