嫌われる勇気。

たまに、この本が気になる事があります。

たまに気になるのは、決まって嫌な仕事を頼まれたとき。

嫌だったらキッパリ断れば良いのですが。

しかし、お金も無いし、ついつい引き受けちゃうんです。

いや、引き受けざるを得ない。

嫌われたく無いし。

嫌われて仕事を回してくれないようになったら困る。

上手に断るのもなかなかテクニックが要る。

下手な断り方をしたら、弱小個人事業主は「嫌われてギクシャクする」とかに留まらないのです。

バッサリ切られます。

すぐにしねる。

そうやって、嫌われる事にビビッていると自覚したときに、この本の事が気になるわけです。

嫌われる勇気が欲しい!

もっと自由に振る舞いたい!

と。

まぁ、難しすぎる話です。

 

レビュー数を確認すると7,000件を超えています。

私と同じように嫌われる勇気が欲しいと思っている人が多いのでしょうね。

という事は、理由は様々でしょうが、私と同じように、嫌われる事にビビッてる?

 

アマゾンの欲しい物リストに入れてから早数年が経過しました。

気になりながらも、まだ購入には至っておりません。

我慢しています。

本を読んで嫌われる勇気を身に付けてしまった結果、仕事を全て失うという懸念があるので。

感化されやすいので、あり得なくない。

嫌われる事にビビッてるぐらいのほうが良いのかも。

 

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え | 岸見 一郎, 古賀 史健 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで岸見 一郎, 古賀 史健の嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え。アマゾンならポイント還元本が多数。岸見 一郎, 古賀 史健作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教えもアマゾン配送商品なら通常配送無料。
日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lightをフォローする
スポンサーリンク
~身軽でいきたい~
タイトルとURLをコピーしました