私がおっさんを自覚した頃の話。

年上だった事に衝撃を受ける

かなり昔の話です。

自分より10歳ぐらいは年上だろうと思うような人が、自分より年下だった事に衝撃を受けました。

いや~ビックリした!

歳を重ねる度に、そのような衝撃に遭遇する事が多くなります。

おっさんを意識

そこで気付きました。

「という事は、自分も、もしかして、周りの人にそのように見られている?」

認めたくはないが・・・

そうであれば、その事をちゃんと自覚して行動をしなければ。

 

いつからか、「自分はおっさんなんだから・・・」と言い聞かせるようになります。

そうして、40歳を過ぎた頃にようやく「自分はおっさんだ(断言)」と自覚するまでになりました。

諦めた時期と言っても良いかもしれません。

認めて以降、意識と行動に変化が

回りは「とっくにおっさんだろ!」との認識だったかもしれませんが。

自分の感覚としては、40歳を過ぎてからおっさんを始めた感じ。

 

おっさんを自覚する事で、ちょっとずつ意識が変化していきました。

しっかりした言葉使いや身のこなしを心掛けるように。

街中で見掛ける子供や若者には、「自分の子供」みたいな目で見てやるように。

そうすると、暖かい目で見れるようになり、若者に対しムカツク事も減りました。

自覚と経験を重ねてレベルアップ

一人前と言われる人間とはほど遠く。

所謂社会常識も欠けていた。

弟に、「常識が無い」というような事を散々言われてきました。

当時はそんな事を言われる理由が解りませんでしたが、今になってよく解ります。

解るという事は、人間性が少しはレベルアップしているのでしょうね。

そんな経験と感覚で、いつしか「おっさん」を違和なく受け入れられ、自覚出来るようになった次第です。

おっさんを極める

昔は周りから「見た目若い」と言われていい気になっていました。

また、所謂「普通」と言われる人生を歩んできていません。

おちこぼれており、同年代に比べると、5年は遅れていた。

そんな感覚を抱きながら生きていました。

それが、おっさんとしての自覚を遅らせたような気がします。

 

もうそろそろ50になります。

どこからどう見ても、揺るぎないおっさん。

しかし、私のおっさん像からすると、自分はまだまだ若輩者。

そう思うと、これからもおっさんとしてランクアップを図り、イケてるおっさんになるべく、益々精進しなくてはと思う今日この頃です。

 

たった1つ、夢中になれる事を持っていれば、人生は豊かに生きられる。
豊かに生きるためには「夢」が必要です。 そんな事を思う私に夢はありません。 無難に生きていければいいや、程度の気持ちで日々過ごしています。 そうは思いながらも、平凡で平穏な毎日を営む事は、それはそれで大変です。 決し...

 

タイトルとURLをコピーしました