自転車を処分して気持ちが軽くなった。

自転車を処分した

なかなか手放す事が出来なかった趣味用の自転車を1台処分しました。

やっとです。

綺麗に磨いてしっかり梱包して次のオーナーさんへ発送しました。

部屋がスッキリした

趣味用の自転車を部屋に2台置いていましたが、1台になりました。

自転車が占有していたスペースが半分解放されました。

見た目がスッキリして気持ちいいです。

掃除がやりやすくなった

掃除の度に、自転車2台を移動する必要がありました。

その作業が億劫で、掃除が疎かになっていました。

0台になったわけではないので、多少の億劫さは残りますが、移動させるハードルはグンと下がりました。

迷いが無くなる

自転車に乗る前に迷いが生じます。

「どちらの自転車に乗ろうかな?」と。

その迷いがこれから無くなります。

手間と費用が削減される

自転車に掛かる、手間と費用が1台分削減される事になります。

汚れ、ホコリ、錆び、劣化に気を取られる事から解放されます。

ずいぶん楽になります。

また、1点集中出来る事で、気が散らないし、楽で良いです。

デメリット

自転車を1台処分して、今のところは良い事ずくめ。

とはいえ、これから先にはデメリットや後悔を生じるかもしれません。

しかし、何年も考え悩んだ末に下した決断です。

デメリットや後悔の念も、そんな長い年月の格闘の日々を思い起こすと、簡単にかき消されるのではないでしょうか。

そんな自信が出来ました。

結果

自転車が1台無くなって、気分が楽になりました。

守って(維持)いかなくては、との気負い。

必要か否かと考えさせられる迷い。

スペースを占有される事による煩わしさ。

そんな事柄から解放されて気分は晴々としています。

タイトルとURLをコピーしました