全捨離にときめいたけれど、ゆっくり断捨離していきます。

全部捨ててしまったほうが賢明なのか?

いつものように、不用品を探していました。

その度に要らない物が出てきます。

そんなとき、「いっそ、全部捨ててしまったほうが賢明だろうか?」

なんて、全捨離の教えが頭を過ぎります。

全捨離とは

全捨離とは。

 

ときめくとかときめかないとか、そんな事は一切関係無しで、全部捨ててしまう」

シーズンオフのものは捨てる、使用頻度の少ない物も捨てる、ストックは持たない」

今使っていないものは全部捨てる」

 

というような教えです。

 

全部捨てない事には終わらない?

全捨離という考えを初めて知ったときは、「ついていけない」と感じました。

しかし最近では、「私の断捨離作業は、全ての物を捨てない事には終わらないのではないだろうか?」と思うようになっています。

であれば、全捨離の教えどうり、

 

「ときめくとかときめかないとか、そんな事は一切関係無しで、全部捨ててしまう」

 

と、潔くやったほうが賢明では?

そうして、一刻も早く、物から解放されるべき!

そう考え、全捨離もアリかと思うような事が多くなりました。

全捨離の弊害

潔く全捨離したい。

しかし!

心の整理がつかない間に物を手放したとしたら、後悔の念に駆られる気がする。

いや、間違いなく後悔するでしょう。

また、リバウンドも大きなものになるのではないでしょうか。

取捨選択作業を削減出来たとて、その後のリスクが大きいと感じます。

遠回りでも断捨離を続けていく

「結局、全部捨ててしまうかもしれない」

そう考え、全捨離を考えてみました。

が、その後の事を考えると怖い。

そう感じるので、やはり、過程を大事に考えたほうが良いかもしれません。

と言うより、その過程が楽しくもある。

物と向き合う事を省くなんて、勿体ない勿体ない。

一つ一つの物を手に取り「それは必要か否か?」

と、考え悩み手間を掛けて、十分納得してから手放す。

それは無駄な時間どころか、大事な勉強時間でもある。

そんな事を感じるので、全捨離よりも、これまでどうり断捨離を続けていく事が私には合っていそうです。

結局、いままでどうり、小さな事をコツコツと続けていきます。

 

断捨離してないで一気に全捨離するのが賢明かも?
全部捨ててしまいたい 断捨離中に行き詰まる事が多々あります。 必要か否か判断出来なかったり。 捨てたいのだけれど、捨てられなかったり。 物を目の前にして堂々巡りが始まる。 散々堂々巡りして決着が付けられず、思考停止...

 

タイトルとURLをコピーしました