いつの間にかサイレントテロリストになっていた。

10年以上前の話です。

「若者の車離れ」や「若者は消費しない」などの話を聞いて、理解出来ない部分がありました。

「若者は欲が無くなった?なぜ?よく判らない」

そんな疑問を抱く事に。

物欲にまみれていた私は、消費をしない人の気持ちを知る由は有りません。

 

その時にサイレントテロという言葉を知ります。

その意味を知ったときには焦らされます。

「消費してくれないと困る」

「じゃないと景気が悪くなる」

そんな危機感を抱きました。

 

その頃の私は、物もお金も欲しくて、より多く手に入れる方法を模索していました。

金儲けはユダヤ人から学べとばかりに、 ユダヤ人大富豪の教えなるものを読んでいたり。

 

ユダヤ人大富豪の教え

 

同時にお金や政治の仕組みを調べていると、世界の大富豪の陰の画策、いわゆる陰謀論というものを知ります。

その内容がかなりエグイ。

本やネットでその陰謀論を見聞きしたところで、本当か嘘か知る由がない。

が、目の前の現実を見ると信じざるを得ない。

そうして激しく落胆させられる事に。

そこから陰謀論に憑りつかれて情報を漁る事になりました。

知れば知るほど、落胆と不安は膨んでいく。

しかし、一通り落胆と不安を感じたその後は、猛烈な怒りがこみ上げてきました。

 

そこで思ったのが、名も無い超弱小な自分が資本主義社会に抗う方法は「物を買わない事」。

サイレントテロリストに一時期は困った人達との想いを抱いていたのに。

それが自分もそちらの方向に傾倒していきました。

 

現在、次から次と言っても過言ではないかと思いますが、大企業の縮小や倒産が相次いでいます。

資本主義社会に違和感を抱く人や波に乗れない人々の怒りが、そのような形に表れているのかなと感じざるを得ません。

 

 

最近では傾倒していっているどころか、全く何も買わなくなってしまいました。

私は優秀なサイレントテロリストになったという事でしょうか。

しかし、サイレントテロは自分で自分の首を絞めかねません。

その先にあるのは・・・

悲しいかな、生きていくには、現代の社会システムに乗っかるしかない。

 

そう思い最近では、少しはお金を落として、経済活動に貢献しなければとの考えへ変化しだしました。

なんやかんや言っても、資本主義社会から多大な恩恵を受けている事は否めませんし。

そうすると外食がちょっとだけ増えました。

先週は車に乗って遊びに出掛けました。

今日は午後から花見に行ってきます。

物には興味が無くなっているので、そんな形でお金を使うようにしました。

他に有意義なお金の使い方に気付けばそちらにシフトします。

私一人が動いたって、何にも変わりませんが、景気が良くなる事を願い少しずつでも動かなければ。

タイトルとURLをコピーしました