断捨離してないで一気に全捨離するのが賢明かも?

全部捨ててしまいたい

断捨離を実践中に、悩んで行き詰まる事が多々あります。

早々に決着を付けたいのに、物を目の前にして考え込んだり。

作業終了後に一旦頭から離そうとしても、度々思い出しては悶々としたり。

そうなってくると嫌気がさして「もう全部捨ててしまいたい!」となる事があります。

何も考えずに全部捨ててしまう事が出来たら、どんなに気が楽になるだろうか。

ほとんど必要無いから、全部とっとと捨ててしまえ!

物の事を常に考えさせられてきました。

これからも考えさせられていく事かと思います。

引き続き物に悩まされる事を考えると先が思いやられる。

とりあえず全部捨ててしまおうか?

捨てたところ支障は無いだろうし。

いままで未練を残しつつ処分した物が多数ありましたが、後から特に何の不都合も生じませんでしたし。

皆無ではないですが、取るに足らないほどです。

結果的にはほとんどの物が必要無かったというわけです。

そういった経緯から昔の自分にアドバイスをするとしたら、「ほとんど必要無いから、全部とっとと捨ててしまえ!」と言ってやりたいところです。

全捨離する事が賢明なのかも

長いこと断捨離を実践してきて今思うのは、「結局、断捨離作業は全部捨ててしまわない事には終わらない」です。

断捨離が時間を掛けて行うのに対して、全捨離は短期間で一気に行うイメージです。

徐々に行うか、一気に行うかの違いはあれど、行き着く先は同じなのかなと感じています。

であれば、一気にやってしまったほうが賢明なのかと思う次第です。

なので、とりあえず一旦全部捨ててしまう。

そうする事で必要か否かと悩む時間を削減出来ます。

早々に物への囚われから解放され、次のステージへ進める事が出来るのではと考えます。

何も解らなかったり、貧乏だと難しい

しかし、全部捨ててしまっても問題ないと言えるのは、今までの経験があっての事。

最初はなにも解らず、いきなりそんな行動が出来るはずもありません。

疑問や反省に時間を費やし、物と向き合う過程のなかで気付き、やっとそのような考えにいきついたと言えます。

全捨離する事が賢明だとは思いましたが、最初から全捨離は無理な話です。

また、もう二度と手に入れられないような物は怖くて手放せないという気持ちも大きいです。

買い直す経済的負担もきつい。

私には精神的にも経済的にも、全捨離を実践する力は持ち合わせてないかと思います。

結局は断捨離をコツコツ続ける

最近、行き着くところは一緒なんだから、早々に捨ててしまったほうが良いのかなとモヤモヤしていたところです。

ならば全捨離に習って、一気に片付ける方法が有効だと思いました。

しかし残念ながら、私は全捨離を実践出来る精神力も経済力も持ち合わせておりませんでした。

結局、全部捨てない事には断捨離は終わらないかもしれないけれど、これからもコツコツと断捨離を続けていくしかありません。

道半ばでそんな事をモヤモヤと考えさせられ、長々と時間を奪われましたが、結局振出に戻った次第です。

以前にも同じような事を考えたような気がします。

そのときも同じく、断捨離をしていくしかないといような結果になったような。

また同じことを繰り返しています。

残念!

タイトルとURLをコピーしました