「服を半分に減らそうと思うんだよね」

てる事への疑問が捨てたいとの願望へ変化

「服を半分に減らそうと思うんだよね」

昨夜、妻の口から発せられた言葉です。

「どんどん捨てていきたいんだけど、悩むんだよね~」

と続きました。

 

実際には服をどんどん捨てている様子は伺えません。

がしかし、思いもしない事をわざわざ口には出さないはず。

ましてや、物を捨てる事が嫌いな妻が、「捨てたい」なんて口が裂けても言わないような言葉。

それをわざわざ口に出すという事は、妻の心は捨てたい気持ちで燃え上がっているのかもしれません。

明らかに、「捨てる」への疑問や迷いは、「捨てたい」との願望へと変化しているようです。

嬉しさと心配

妻の物を見ると、無駄なガラクタが多いと感じます。

使っていない物、使い道が解らない物達。

妻が断捨離に一生懸命になれば、以上のガラクタはこれから無くなっていく事でしょう。

私としては非常に嬉しい限り。

しかし、逆に心配させられる面もあります。

それは、断捨離に嵌ってしまい、昔の私みたいに捨てたい依存症になりはしないかと。

断捨離の悦びを知ってしまい、依存症になってしまったら、それはそれでまたやっかいだと感じます。

ほどほどにやって貰いたいものです。

夫婦二人で身軽になる

最近、妻と話をするときには意識して「身軽になりたい」という言葉を発しています。

 

  • 物を少なくすれば、身軽になれるよ。
  • 身軽になれば、すぐに引越出来るよ。
  • すぐに引越出来る状態を整えておけば、明日から沖縄に住む事も出来るよ。

 

なんて妄想を話したりします。

身軽になるという事は、ワクワクに繋がる事だと感じてもらいます。

 

  • 身軽=ワクワク

 

思い立って、明日から沖縄に移住するなんて無理です。

実際にそうするつもりもありません。

単にワクワクする妄想を妻に投げかけるだけ。

そうして、おのずと身軽さへの探求心が増していく事を期待しています。

イメージ戦略です。

 

 

そんな事を繰り返していたせいか、妻の気持ちも「捨てていかなければ」と思うようになったのではないかと推測します。

夫婦二人が同じ方向を目指す事が出来れば、人生捗るかと思います。

妻の物に対してイライラが積もっていましたが、昨夜の「服を半分に減らそうと思うんだよね」という言葉には、光が差したような思いです。

夫婦二人で身軽になれれば、願ったり叶ったりです。

タイトルとURLをコピーしました