収納棚を捨てて床に直置きにした、でも、慣れたので大丈夫。

台所にワイヤーラックを置いていました。

が、大きくて圧迫感を感じたため捨てる事に。

 

捨てると妻に告げたとき、強く止められました。

それを無視して捨て。

妻からは非難轟々で、「これからどうするの!?」という話に。

確かに、小物は何とかするとして、トースターや樹脂製の食器ケースの置き場所に困りました。

とりあえず、床に直置きする事に。

 

以上、7月の出来事です。

で、床に直置き開始から時は経ち。

現在、トースターと食器ケースはいまだ床に直置きです。

使うときだけテーブルの上に移動して、使い終わったら床に戻します。

良い風に言えば、不便を楽しみ、アウトドア的感覚で使っています。

トースター

写真を撮るために、樹脂ケースの上にトースターを乗せてみました。

わざわざテーブルの上に移動せずとも、壁から少し離すだけで、このままでいけるかもしれません。

食器ケースはあまり開け閉めしませんし。

 

最初は食器ケースとトスターを床に直置きするのは一時的という考えでした。

しかし、慣れてしまって何も感じなくなり、いまだに床置き中。

とは言え、誰かが訪問してくるとなると、このような状態は隠すかもしれません。

ホコリが舞う床に直置きだと「汚ねー」と不快にさせるでしょうから。

決して人には見せられないし、人には勧められない状態。

しかし、妻も何も言わなくなりました。

妻も慣れたようです。

2人で慣れれば問題無し。

よって、このまま続けます。

タイトルとURLをコピーしました