ちりも積もれば山となるので小さな物でもコツコツと減らしてます。

大きな物を手放すと、一気にお金と時間とスペースの節約に繋がる

大きな物を手放すと、お金の節約や手間の削減に繋がります。

大きい故に、目に見えて恩恵を実感出来ます。

解りやすい例としては車。

車を手放せば。

  • 車両購入費(ローン)
  • 駐車場代
  • 税金
  • 保険代
  • 車検代
  • ガソリン代
  • メンテナンス代

以上、支出が0円になり、メンテナンスとスペース確保の手間から解放される。

それを考えると気分がグっと上がります。

車

小さな物を手放しても、すぐに恩恵は受けられない

大きくて価値のある物に対して、小さくて価値の小さい物は、手放したところですぐにお金や手間の節約に繋がりにくいものです。

例えば、破れて履けなくなった靴下を捨てたところで、お金も時間も節約出来ません。

しかし、小さいからといって侮るなかれ。

部屋の中の生活用品は、ほとんど小さな物で構成されています。

やぶれた靴下

続ける事によって、効果が見えてくる

小さな物を手放したところで、お金や時間の節約に繋がったとは感じにくいものです。

しかし、手放すと、ごくわずかながらでも、スペースに余裕が生まれるのは確実な事。

コツコツと減らしていけば、いずれ、体感出来るほどの日がやってきます。

効果は解りにくいものですが、確実に好転しています。

何度も繰り返す事で、やっと効果が目に見えてきます。

タイムラグが生じるものと思って、地道に続ける事。

小さい物を断捨離した効果とは

小さい物を手放す作業の繰り返しで、知らず知らずのうちに、スペースにどんどん余裕が生まれていきます。

開始当初は何も感じられません。

あるときに突然「あ!スッキリしてる!」

と思える日がやってきます。

窮屈だった空間が、自由な空間へと変化しています。

大きな物を手放したときほどの感動は無いかもしれません。

しかし、小さな物を減らす事でも、それなりの変化は望めます。

細かい物に囚われていた頭の中もスッキリします。

小さい物を侮るなかれ

小さい物の断捨離に関しては、気が向いていなかった時期があります。

破れた靴下を捨てたところで、何の変化も感じられません。

ならば、いつか掃除に使えるかもしれないので取っておこう。

そうして、引出の中を破れたボロ布でパンパンにしてしまったところで気付きました。

「ちりも積もれば山となる」という事を。

「小さな物でも侮るなかれ」です。

タイトルとURLをコピーしました