手放すぐらいなら、自らの手でぶっ壊したいのは何故なの?

ラジオを聞いていると、パーソナリティーが、恋愛観として、「愛する人が、他人のものになるぐらいなら、その前に、自らの手で殺めたい」みたいな事を言っていました。

 

「お~、それ解る~」と、共感しました。

人を殺めたい訳じゃないです。

物に対してです。

人の手に渡るぐらいなら、自らの手でぶっ壊して、片を付けたいと思い、実際にそうした物がいくつかあります。

象徴的なのは、楽器でしょうか。

高校生の頃にローンで買った、愛着のあるギターがありました。

それを、「欲しい」なんて言う人も居ました。

が、「人に譲るぐらいなら、ぶっ壊してしまいたい!」と思ったんですね。

で、実際に破壊して捨てました。

 

うろ覚えですが、楽器を破壊するなんて、気分良いものではなかったような気がします。

「捨ててスッキリした~」とは、ならなかったような。

 

それでも、他人の物になるよりかは良かった。

そんな事をするなんて、危ない奴ですかね?

独占欲かな?と思ったりするのですが。

 

また、東日本大震災の後も、震災により失うぐらいなら、その前に自ら捨ててやる!

なんて気持ちが膨らみ、どんどん捨てていきました。

 

そんな事を思い、実践するのは、どんな心理からなのだろうか?

そのような疑問が湧き、検索してみましたが、答えは見つけられませんでした。

どなたか、教えて下さい。

タイトルとURLをコピーしました