「もっと快適に」より「不便でも良いじゃん」

妻の実家の断捨離をやっています。

妻は屋内、私は屋外を担当。

私の受け持ちは、もう終わりが見えてきました。

という訳で、庭の手入れ作業に突入。

 

庭の手入れ作業は、手持ちの道具で開始。

するとね、解っていましたが、その道具のおかげで、大変な思いをさせられました。

作業に適さない道具は効率が悪いし疲れる。

 

手持ちの物だけでも、なんとか作業を終える事は出来たのでしょうが。

実際、いままで出来ていました。

が、それも、若いから出来た事。

もう、かなりしんどい年齢になってきた。

という訳で、途中から、道具を追加していく事にしました。

導入後の作業はかなり快適に。

特に三角ホーは良かった。

 

出来るだけ、新たな物の導入は控え、物とは距離を置く事を心掛けていたのですが。

久しぶりに、道具のありがたみを感じ、道具に感謝しました。

しかし、ヤバイです。

物の魔力というのは。

いや、自分の思考というのは。

また思考を書き換えられそう。

 

「もっと良い物はないか?」

なんて思考に陥り、止まらなくなってしまいました。

趣味道具にまで派生して、「もっともっと」が始まってしまった。

連日、アマゾンや、ユーチューブのレビュー動画に釘付けさせられています。

妻の実家の断捨離が切っ掛けとなり、そんな状態に嵌るとは。

 

という訳で、我に返り、回顧している次第です。

幸いにして、酷い事にはなっていません。

たぶん。

酷い事になる前に、「もっと快適に」より、「不便でも良いじゃん」を取り戻さねば。

 

快適さを求めると、物の嵩が増えるのは必然。

嵩が増えると、逆に不便さを伴う事にも繋がる。

また、使い終わった後は、死蔵品となる。

新たな物の導入は、いずれ、生活を圧迫させる事になりかねない。

それよりも、その瞬間は不便を享受して、やり過ごす。

一瞬、不便かもしれないが、長い目で見れば、快適さは損なわれない。

当然、持たないほうが、大きなデメリットになる事もあるでしょう。

そこはしっかり見極めねば。

可能であれば出来る限り、「不便でも良いじゃん」をやってみる。

冷静になり、そんな事を考えさせられている次第です。

 

あと、関係無い話ですが、持ち家の大変さをヒシヒシと感じました。

家の修繕。

庭の手入れ。

近所付き合いや、お隣さんへの配慮。

妻がたまに、賃貸アパート暮らしは最高、みたいな事を言っていますが。

気持がよく解りました。

断捨離
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lightをフォローする
スポンサーリンク
~身軽でいきたい~
タイトルとURLをコピーしました