シンプルで単調な日々こそ至高。

数か月前の事、一気に災難が振りかかってきました。

妻が失職し。

妻の実家の片付け作業が始まり。(これは私が言いだした事ですが)

親族が救急車で運ばれそのまま入院。

という訳で、ほっとくわけにはいかないので、私も2~3ヶ月ほどの間、手助けをする事に。

このときばかりは、私の暇人という身分が、大いに功を奏しました。

 

7月に入ったところで、やっと状況が落ち着き、時間に余裕が持てるように。

そうすると、特にやらなくちゃいけない事が無く、自由にノンビリ出来る状況に、この上ない幸せを実感させられました。

過去、暇で暇で、刺激もワクワクも無い日々を憂いた事がありましたけれど。

シンプルで単調な日々こそ至高と感じる日々です。

 

しかし、問題はまだ解決しておりません。

とりあえずひと山を超えただけ。

という訳で、今の単調でシンプルな生活はいつまで続けられるのだろうか?

なんて心配が生じるところでもあります。

そんな心配をせずに良いように、もっとシンプルを極めたいと、久しぶりに心の昂りも感じる次第です。

 

Amazon.co.jp: 人生、余裕で生きる極意―――今日から「心の達人」になれる本 (三笠書房 電子書籍) eBook : 武田 双雲: 本
Amazon.co.jp: 人生、余裕で生きる極意―――今日から「心の達人」になれる本 (三笠書房 電子書籍) eBook : 武田 双雲: 本
タイトルとURLをコピーしました