【超絶ミニマリスト】物を減らしてマッチョになる。

登山道具に惹かれます。

登山をやった事もやる予定も有りませんが。

それなのに惹かれるのは、どれも、小さく、軽く、丈夫で、携行性に優れているから。

 

生きていく為の道具一式を如何にして減らし軽くするか。

そんな考えを反映して突き詰めた結果生まれた登山道具に、究極の必要最小最低限を感じる。

 

道具の選定に神経を費やし、少ない持ち物で、如何にサバイバルするかを考えなくちゃいけない。

それが、物を持たない暮らしをしたい我が身からすると、大いに興味を魅かれるところです。

 

そんな事を感じつつ、登山やキャンプ関連の動画を見ていたときの事。

丸腰にて野生でサバイバルをする、海外の人の動画が目にとまりました。

必要最低限の道具どころか、何も持たずに手ぶら。

動物が食べ残した肉に、そのまま食らい付いたり。

寒くなったら、そこいらに転がっている動物の皮を身に纏ったり。

かなりの衝撃映像。

その動画を見つつ、全く何も持たずに生きていければ、それこそ最強だと思いました。

更に、服も靴も履かないで、何も持たない野生の動物こそ最強じゃないか!?

と、気付かされます。

 

野生の動物は何一つ持っていません。

いつも手ぶら。

所有欲が無いのでしょうか?

やるかやられるかの過酷な環境で生きていくなかで、戦うための武器すら持っていない。

己のこぶし1つあれば充分という考えなのでしょうか?

マッチョですね。

それとも逆に、一目散に逃げられるようにと、足手まといな物は持たないのでしょうか?

いずれにしろ、ミニマリスト思考なのでしょう。

 

動画を視聴してから以降、手ぶらで生活する動物の生き方への憧れを抱かざるを得ません。

また、そんな姿を想像しては、自分の所有物を減らすと、己の身ひとつで生きている野生の動物に近付けた気分になります。

ちょっとマッチョになった気がする。

 

更に身体に纏った多くの防具を一つ一つ取り外していき、最後にはムキムキの筋肉と、ムキムキの精神が露わになる。

その筋肉と精神だけ持って生きていきたい。

と、妄想します。

そこまでは無理でも、究極の身軽さを追求していきたいところです。

 

物を減らしてマッチョを目指すぞ!

ちなみに、今の私の現実は、心身ともにブヨブヨです!

 

ゴリラ氏「俺には何も必要ないぜ」

ゴリラ

 

ミニマリストよりシンプリストに方向転換したほうが良いよね。
ミニマリストにドン引き私がミニマリストの存在を知ったのは、こちらの記事から。必要最低限の「15個のモノ」しか所有しない男アンドリュー・ハイドの生き方「こんなのあり得ん!」と思った記憶があります。当時は断捨離作業に夢中で、物を減らす為のヒント...

 

タイトルとURLをコピーしました