物が無い部屋は「非日常的」だが快適で心地良い。

長い時間を掛けて、徐々に物を減らしてきました。

改めて部屋を見渡すと、物が少なくてガラ~ンとしています。

物が少ない空間は「非日常的な空間」という雰囲気がします。

これが綺麗なホテルとかであればオシャレなんでしょうが。

我が家は質素という感じ。

 

質素ですが、スカスカで非日常的な空間は、今の私にとっては心地よい空間です。

しかし、断捨離なんて知らない昔の自分に今の状況を見せたら、どんな反応をされただろうか?

間違いなく驚愕したと想像します。

 

「○○が無い!□□も無い!△△はどこやった!?」

「こんな部屋で、生活出来んのか!?」

「おい!未来の俺!大丈夫か!?」

 

なんて事を言われそう。

「物が無いって快適だよ!」なんて力説したところで、理解してくれないでしょう。

「一生物」と思って大事にしていた物がいくつかありました。

それらも捨てました。

昔の自分に、一生物を捨ててしまった事を知られると、キレられそうです。

 

逆に、物が多くて悩んでいたタイミングだったら、このスッキリした空間を見せたら喜んでくれたかも?

いずれにしろ、目ん玉をひんむいて驚く事でしょう。

 

スカスカにした空間は、日常とはちょっと違う、非日常的な空間じゃないかなと感じます。

それが快適で心地良い。

ずっと続けていきたいところです。

Amazon.co.jp: シンプルな暮らし
Amazon.co.jp: シンプルな暮らし
タイトルとURLをコピーしました