【持たない暮らしを切望】断捨離に夢中になり引きこもりになっていた。

断捨離に夢中で引きこもりになる

断捨離に嵌り夢中になっていた頃、外に出たくありませんでした。

家でず~っと物と向き合っていたい。

外に居る時は、早く家に帰って断捨離したい!

という感じ。

四六時中物の事が気になる

とにかく、物の事が気になって気になって。

朝起きて、夜寝るまで、四六時中物の事を考える日々。

「欲しい!」じゃなく「捨てたい!」と。

物がどんどん減り、少なくなったところでも気は治まりませんでした。

むしろ、簡単に捨てられない物が多数を占める事になると、悶絶しながらも余計考えさせられる事に。

私がサラリーマンだったら否応なしに会社に行かざるを得なかった事でしょう。

が、自営業者で勝手気ままに出来たので、結果引きこもってしまいました。

ネトゲ廃人って他人事のように思っていましたが、昔の自分の行動を思い返すと、私も同じような事をやっていましたね。

断捨離に嵌っていた頃の自分を客観視すると、かなり危ない行動をしていたと言えます。

いや、断捨離が危ないと言うより、自分自身が危ない性質なのでしょうね。

それを断捨離が爆発させる引き金となっただけ。

だとしたらやっぱ危ないか?

足枷が無くなった

最近ですが、外出する事に抵抗を感じないようになっていました。

「あれ、そう言えば、何で?」と考えた時、もう家に物が無いからだという事に気付きました。

家に居たいと思わせる原因が無くなっていた。

考えさせられる物が無くなった事で、心が解放された状態となり、足取りも軽くなっていた。

そう考えると、物は正に足枷になっていたという事を実感します。

物により、どれだけ行く手を阻まれていた事か。

物に振り回さるのは終わりにしたい

そもそも、断捨離に嵌らなければ、そんな事にはならなかったのでしょうが。

だとしたら、物欲により、物に押しつぶされていたかもしれない。

「物に押しつぶされる」か「物に足を取られるか」

どちらが良い?

どちらも嫌なので、持たない暮らしを維持していく事に頑張りたいところです。

Amazon.co.jp: 持たない暮らし
Amazon.co.jp: 持たない暮らし
タイトルとURLをコピーしました