【ブログ記事】もったいないのは解るが、それゴミだよ。

5~6年前、当ブログの投稿記事数が1000件に達しようとしたときの事。

「記事数多すぎ!」と感じ、投稿と並行して記事の削減も開始。

 

現在、ほとんど投稿していないので数は微増ですが、思い立ってまた記事の断捨離作業を行っているところです。

自分が書いた過去記事を読み返すたびに気付き感じ思う事。

 

  • 誤字脱字。
  • 意味不明。
  • 前と後ろでチグハグな内容。
  • 面白くない。
  • キモい。

 

「誤字脱字」「意味不明」「前と後ろでチグハグな内容」は修正すれば良い。

が、修正したところで「面白くない」と「キモい」は致命傷になる。

ならば削除あるのみ!

と判断してサッとゴミ箱へ入れるのが出来る男でしょうが。

 

  • 懐かしい。
  • へ~そんな事あったんだ。(スッカリ忘れていた事が書かれていた)

 

面白くなくても、書いた当時の事が思い起こされたりすると、おいそれと削除が出来ないんです。

特に開設時に書いた記事なんかがそう。

客観的に読んでみると全然面白くないとわかるのですが。

※いや、全然判っていないかもしれない。

 

こんなものを他人様に読ませるもんじゃないと思いつつ、削除出来ずにそのまま「そっ閉じ」してしまうとき・・・

「もったいないのは解るが、それゴミだよ」

度々どこからかそんな声が聞こえてくる次第です。

 

持たない暮らし日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lightをフォローする
スポンサーリンク
~身軽でいきたい~
タイトルとURLをコピーしました