物は扱いやすさが一番。

物への拘りが薄れる

昔、買物をするときはかなり拘りを持ち、時間を掛けて物を選んでいました。

また、そうしなければいけないと思っていました。

最近では物へ拘る気持ちが薄れてきました。

わざわざホームセンターをはしごしたり、ネットショップに張り付いて延々と探しまわる事も無くなりました。

近所の100円ショップで済ませています。

拘りを無くした事で発見した

例えばボウル。

ホームセンターの物はしっかりした作りをして重厚。

対して、100円ショップの物はペラペラと薄くて軽い。

拘らずに100円ショップの物で済ましたら、軽くて使いやすかった。

拘りを無くした事により、ちょっと大袈裟な言い方ですが、目から鱗な出来事でした。

 

目から鱗が落ちる(めからうろこがおちる)

あることがきっかけとなって、迷いからさめたり、物事の実態がわかるようになる。

 

悩む事をせず、労力を使わず、お金も大して使わず、時間を浪費する事なく、近くに有る安い物を使ってみたら、それで十分事足りたし扱いやすかった。

扱いやすい物のほうが使用頻度が高くなる

自転車も、最近はママチャリばかりに乗っています。

盗難にビクビクしたり、汚れを気にする事から解放されます。

気軽に乗れるママチャリのほうが使いやすい。

また、使用頻度もママチャリの方が高い。

適材適所を間違わないように

全く拘りを無くしてしまうと失敗する事も。

安いからと言って、自分の望む機能を果たさないような物を選んでしまったら、また買い直さなくてはいけなくなるかもしれません。

例えば、同じく100円ショップで買った両面テープ。

使ってみたところ、すぐに剥がれてしまい、役に立ちませんでした。

両面テープを使う場所が、強力な接着力を必要とする場所だったので、私の判断ミスでした。

結局、ホームセンターで強力な物を買い直しました。

結論

結論として、物を選ぶ基準は「高い」「安い」「カッコ良い」「カッコ悪い」よりも、「望む機能を果たしてくれて、なお且つ、使いやすい事」を重要視しなければと思います。

タイトルとURLをコピーしました