【断捨離】ギターが捨てられない【執着心】

ギターは自由の象徴

若い頃、ギターを自由の象徴として見ていました。

「このギターを使って自由を手に入れるんだ!」

とか思っていた。

自由だ

ギターが嫌いになる

ある時、仲間に誘われて、ハコバンの仕事をやるようになります。

理想としていた形態とはちょっと違いますが、望んでいた業界に足を突っ込んでみました。

そこで、仕事にしてしまうと、思い描いた自由なんて無いと気付きます。

当然、入りたての若輩者に自由なんて有るはずもありません。

自由を得たいのなら、死にもの狂いで頑張って上に行かなければならない。

とても厳しい世界。

そもそも、ギターを弾いてキリギリスみたいな生活を思い描いていたような私です。

現実を知り、早々に挫折しました。

せっかくのチャンスをものに出来ず、情けない自分への嫌悪感が強烈に嫌な思い出として残っています。

かっこ悪くて恥ずかしくて、音楽もギターも辞めました。

ギターを捨てた

楽器はギター1本だけ残して他は全部捨てました。

 

楽器を捨てる。
楽器は宝物 若い頃に楽器を弾いていました。 楽器類が部屋を占領していた時期があります。 捨て作業を始めた頃はギターが4本とウッドベースが2本有りました。 ウッドベースは楽器と言うより家具という感じ。 かなり大きいの...
手放すぐらいなら、自らの手でぶっ壊したいのは何故なの?
ラジオを聞いているとパーソナリティーが、恋愛観として「愛する人が、他人のものになるぐらいなら、その前に、自らの手で殺めたい」みたいな事を言っていました。 「お~、それ解る~」と、共感しました。 人を殺めたい訳じゃないです...

 

残したギターも全く弾いていません。

1~2年に1回程度、ギターケースから出して確認するのみ。

先日、その1回の確認作業を行いました。

嫌な思い出がよみがえる

ギターを手に持つと、昔の嫌な事が思い起こされます。

弾かないうえに、嫌な事を思い出させる。

ギターは、今の私には全く必要無い物となってしまいました。

が、なかなか捨てられないでいます。

捨てられない理由

捨てられない理由として、自分が老人になった頃には、嫌な感情からも解放されているだろうから。

その時にもう一度音楽を楽しみたいという期待が有ります。

また、指を動かすと脳に良いらしいので、将来のボケ防止のために取っておいても損はないかなと思ったりします。

しかし、そんな事より、一番大きな理由は、ギターに一生懸命だった時代の事を、良くも悪くも忘れられないからだと思います。

心豊かにしてくれたギターの呪縛から逃れられない。

完全に執着心です。

持ってて良かったと思いたい

時は経ち、嫌な感情は徐々に薄れていっています。

何より音楽は心豊かにしてくれます。

捨てないで良かったと思える日が来る事を期待しています。

タイトルとURLをコピーしました