楽器を捨てる。

楽器は宝物

若い頃に楽器を弾いていました。

楽器類が部屋を占領していた時期があります。

捨て作業を始めた頃はギターが4本とウッドベースが2本有りました。

ウッドベースは楽器と言うより家具という感じ。

かなり大きいので結構場所を取ります。

ウッドベース

 

大事な楽器を捨てる

捨て作業を開始した当時、もう楽器は弾いていませんでした。

全部処分しても支障は無かったのですが、さすがにそこまでは出来なくて、ギター1本だけ残しました。

他のギターは解体してゴミの日に捨てました。

あとはウッドベース。

過去、ウッドベースも解体した事があります。

あの大きさの物を部屋の中で解体するのはかなり大変でした。

気持的にも良いものではありません。

という訳でヤフオクに格安で出品。

2本とも即落札され、数時間後には落札者さんが速攻で引取りに来てくれました。

あっという間に部屋がスッキリ。

アンプやエフェクター類も全部オークションに出したら、すぐに完売となりました。

 

唯一残したギターが捨てられない

もしかして、またギターを弾きたくなるかもと考え、ギターを1本だけ残しました。

しかし、残したギターも今は全く弾いておりません。

1年に1回ぐらいは、ケースから出して、状態を確認したり弾いてみたりもしますが、もう指が動きません。

「もう弾かない」と言うよりか「もう弾けない」になってしまいました。

弾けないギターを持っておくのも、さてどうしたものかと考えさせられます。

悶々としながらも、今のところ捨てられずにいます。

情に惑わされずに、必要か否かで判断して決断出来れば良いのですが。

まだちょっと考えさせられる部分が残っているので、もうしばらく保管しておきます。

【断捨離】ギターが捨てられない【執着心】
ギターは自由の象徴 若い頃、ギターを自由の象徴として見ていました。 「このギターを使って自由を手に入れるんだ!」 とか思っていた。 ギターが嫌いになる ある時、仲間に誘われて、ハコバンの仕事をやるようになります。 ...
タイトルとURLをコピーしました