【断捨離】固定観念をぶっ壊して楽になる。

物を片付けられない妻

私の妻は片付けられない人です。

物を使い終わったら、そのまま放りっぱなし。

とは言っても、汚部屋にするほど酷くはないですが。

しかし、神経質な私としては気になってしょうがないのです。

 

例えば、使ったコップを洗いません。

次に使う時まで、ず~っとその場に置きっぱなし。

または、使ったコップはそのままで、新たにコップを出してきます。

食事後も食器をなかなか洗いません。

私が言わなければ、翌日まで持ち越す事も度々。

 

服をどこにでも掛けます。

特にカーテンレールに掛けっぱなしにして、なかなか仕舞いません。

カーテンの開閉が煩わしくなり、朝一番の作業にウンザリさせられます。

服がカーテンレールに掛けっぱなしだと、カーテンを開けても部屋が暗いです。

 

靴を下駄箱に仕舞わないので、だんだん玄関に溢れてきます。

引き出しを開けたら開けっ放し。

他にも沢山有り過ぎて挙げていくとキリがない。

考えるだけでもイライラしてくる!

 

固定観念を捨てて楽になる

今はそんなイライラも解消されております。

と言うのは、家事は女がするものと言う私の固定観念を捨てたからです。

長く根付いていた考えを壊すには、多くの葛藤が有りました。

しかし、「やれるほうがやれば良い」と、考え方の軌道修正を行いました。

 

やれる方は私。

「俺がやらなきゃ誰がやる!」

の精神でやっています。

私の硬い頭を柔らかくして、固定観念を捨てた事で万事解決!

 

「政治と宗教の話はタブー」という思い込みをぶっ壊して捨てる!
政治と宗教の話はタブーという同調圧力 昔、「政治と宗教の話はタブー」なんて言葉を聞く機会や雰囲気が蔓延していた記憶があります。 私の中にも「政治と宗教の話はタブー」という強い認識が根付きました。 かと言って、そもそもそんな話に...

 

タイトルとURLをコピーしました