間違った断捨離をやっていた。

断捨離の弊害

異常に断捨離の考え方に固着していました。

そのため、あらゆるモノを減らしたいという欲求に支配される事に。

行き過ぎた。

結果、日々の生活や気持ちに支障をきたす事になります。

必要な物なのに所有する事に抵抗を感じたり。

やりたい事をやれない精神状態に陥ったり。

虚無感を抱いたり、無気力になったり。

 

間違った断捨離

とにかく何もかも減らしたいという考え。

 

  • 物を減らしたい。
  • 人間関係を減らしたい。
  • 仕事を減らしたい。
  • お金も要らない。
  • とにかくあらゆる物を最小化したい。

 

こんな考えを抱いて事に取り掛かれば、そりゃ生活や気持ちに支障をきたす事になるのは必然でしょう。

 

断捨離で得たモノ

その代り膨大な自由時間は得られました。

その時間を使って、趣味に没頭する事も出来ました。

目標は達成した。

が、一つ足りないモノを常々感じさせられる事に。

 

足りなかったモノ

それはお金です。

何度も何度も、お金を使わずに生きて行く事が出来ないだろうか?

なんて事を考えさせられました。

悪魔のツールと捉えて、お金に対して嫌悪感も抱きました。

しかし、お金が無い事には生きて行けない。

経済的不安を抱えた状況では、自由な時間も心底楽しめない。

現代社会においてお金は自由を完全なるものにするためには必須のもの。

 

正しい断捨離

「より自由な時間を得る為に、他の無駄な事を排除する」

「より自由になるお金を得る為に、他の無駄な事を排除する」

以上は相反する内容だと思っていました。

昔は、「より自由になるお金を得る為に、他の無駄な事を排除する」

をやっていた。

それで苦しくなった。

なので、より自由な時間を得るほうへ方向転換。

すると、経済的不安を抱えた状態で「自由」とは言い難いと実感させられるように。

よって、私にとって正しい断捨離のやり方は。

「より自由になる時間とお金を得る為に、他の事を排除する」

になるかと。

相反する内容に感じるのは否めないが、これが正しいのかと。

何事もほどほどに。

 

正しい設定を

私の場合は、自由になる時間とお金を得るために他の事を排除しなければならなかった。

それなのに、自由な時間を得る為だけにやっきになっていた。

経済的な事は二の次という考えに陥った。

結果、間違った事をやっていたと感じる次第です。

断捨離する目的は人それぞれでしょうが。

くれぐれも、設定を間違わないように。

タイトルとURLをコピーしました