不要な理由を捻り出して物を手放す。

断捨離作業で一日終わる

今日は物の売却準備&捨て作業で一日終わりました。

土曜日はイロイロ断捨離すると決めていたので、頑張りましたよ。

「物を処分するってなかなか大変」

なんて事も改めて実感させられました。

不要な理由を考える

以前は、「これは絶対必要!」としていた物へも、とりあえず白羽の矢を立てて向き合う事にしました。

「コレが無いとしたらどんな不都合が生じる?」

「無くても何とかなるんじゃない?」

「邪魔だよね?」

「重いよね?」

「嵩張るよね?」

「面倒だよね?」

「捨てちゃえば?」

「捨てようぜ!」

なんて感じで、大事にしていた物へ否定的な考えで頭を一杯にしてみました。

必要な理由から不要な理由へ

大事にしていた物でも、「要らないんじゃない?」なんて考えていると、次第にその気になってきます。

要らない理由を必死で考えるなんて、自分で自分への洗脳作業と言えるかも。

いや、以前は必要な理由ばかりに焦点を当てて、必要だとの意識で凝り固まっていたので、その洗脳を解く作業と言ったほうが正解か?

いずれにしろ、必要な理由を考えるよりも、不要な理由を一生懸命考える一日でした。

必要な物が見えてくる

絶対に必要だと思っていた物でも、不要な理由を考えていると、そのうちその気になってきました。

「なんだ!?要らなかったじゃん!」

なんて感じでね。

逆に更に、「やっぱり捨てられない!」と思う物もありました。

それはそれで良いのかも。

いずれにしろ、大事にしていた物を否定的に考える事によって、更に物を減らせました。

スポンサーリンク

フォローする