「捨てよう」なんて考えた事が無く、数十年間使い続けている物。

実家を出て(追い出されて)、一人暮らしを始めた時の事。

学校を卒業すると、実家から仕事に通いだしました。 しかし、上司と喧嘩して、すぐに会社を辞める事に。 ダメ息子の就職を喜んでいた親...

住居を手に入れて、真っ先に欲しかった物。

それは、洋服を掛けるハンガー。

服はそんなに持っていた覚えは無いのですが。

しかし、とにかくハンガーが欲しかった事を覚えています。

今月の給料で○本。

次の給料で○本。

また次の給料で○本。

とにかく、「給料を貰ったらハンガーを買おう!」

みたいな感じで、毎月、給料を貰う度にハンガーを買っていた記憶があります。

その頃のハンガーの値段は覚えていません。

しかし、一気に買う事が出来なかったという事は、高かったのでしょうかね?

当時、100円ショップでもあれば、1回の給料で、思う存分買えたでしょうが。

その当時買ったハンガーですが、今でもまだ使っています。

30年以上使っている事になりますね。

プラスティック製なのに、恐るべき耐久力。

一生使えそうです。

「高かったから」とか、「思い入れが有るから」とかいう理由で使い続けているわけではありません。

単に、「使っている」ので、「捨てる?」なんて考えた事が無かった。

特に不満もなく、便利に使っています。

他に、30年ぐらい使っている物が無いか、確認してみました。

所有歴30年以上の物

  • 鼻毛を切る為の小さいハサミ
  • 髪を切る為のハサミ
  • Tシャツ1枚
  • 工具数点
  • ネクタイ1本
  • 音叉

以上でした。

範囲を20年以上とすれば、一気に増えそうです。

「何年間使い続けたか?」を確認すると、断捨離作業の参考になるかもしれませんね。

スポンサーリンク

フォローする