【弟との事】遅かれ早かれ持たない暮らしへ。

弟宅訪問

弟宅へ遊びに行ってきました。

先日の出来事により、訪問するのは気が重かったのですが。

 

【弟との事】人の考えはそれぞれ無益な争いは避けよう。
弟から蔑まれる ゴールデンウィーク中に弟から電話が入りました。 「暇だったら家に遊びに来ない?」 とのお誘い。 その電話で少しだけお互いの近況報告をしました。 その会話の中で、私の自由な生活を少し蔑むような...

 

結果、何事もなく穏やかな時間を過ごしてきました。

 

弟の発言が変化した

近場で観光した後、大型ショッピングモールに寄ってから帰る事に。

嫁二人は店巡りで大忙し。

私は店には入らず、子供と遊んでおりました。

 

弟が私のそんな様子を見て「何か欲しい物はないの?」と聞いてきます。

私は「別に何も欲しくない、自分は?」と聞き返したところ、「正直、俺も何も無い」と返してきました。

 

「正直」と言う言葉に引っ掛かります。

その言葉に何か含んでいる事が伺えましたが、話が長くなりそうだったので、深追いはしませんでした。

 

状況が変わっていた

弟に会う度に、身に付ける物が気に掛かる。

無駄に高いブランド物の時計やバッグ。

私はいちいちそれらの物に対して文句を垂れます。

 

「要らんだろそんな物!?」

 

が、今回は突っ込みたくなるような物は持っていませんでした。

所有車も1台になっていた。

 

弟は仕事上のトラブルを抱えて、難しい局面に対峙しておりました。

収入も昔みたいに思うように入らなくなったようです。

 

忙しく、時間も無く、経済的にも苦しい状況のよう。

物に対しての欲は抑制されているように見受けられました。

 

遅かれ早かれ変わっていくものだと実感する

大変な状況に見えたのですが、物に囚われていた頃に比べると、憑きものが落ちたように見えて良かったという気持ちです。

しかし、その姿にちょっと複雑な思いを抱かされました。

 

理由は様々あれど、遅かれ早かれ、誰もが考えを改めさせられざるを得ない時代なのでしょうか。

 

2030年までに全人類ミニマリスト化計画。
持たない暮らしに違和感 昔、断捨離ブームが起きた時の事。 沢山の物を抱え込み、キツイ思いをしている人々というのが容易に想像出来たので、ブームになるのは当然かと思いました。 が、同時にそのブームに違和感を抱く事に。 ...

 

 

日常
スポンサーリンク
スポンサーリンク
lightをフォローする
スポンサーリンク
~身軽でいきたい~
タイトルとURLをコピーしました