溜め込み障害、心と体が脆弱だと、なかなか物を捨てられない。

妻は物を捨てられません。

結婚前、妻は実家に住んでいました。

その当時の物の多さを思い出すと、そりゃ恐ろしい。

整理整頓はするので、汚部屋という訳ではありませんでした。

が、要らない物を山のように積んでおりました。

 

 

壁には、チラシ類がビッシリ貼り付けられていたり。

書類が入った紙袋が山のようにあったり。

壊れた家電が、そのまま部屋や押し入れの中に放置されていたり。

庭には家具が、十数年間放置されており、ボロボロに朽ち果てた状態に。

両親に早くに旅立たれており、兄弟だけで住んでいたので、妻だけの所業と言う訳でもないと思うのですが。

 

 

そのようになってしまったのはしょうがないとして、要らない物だから捨てるように促すと、頑なに拒まれました。

「必要だから!」の一点張り。

ちなみに、私が捨てる事に目覚める前の話になります。

そんな私が、当時、何とかしなければと思い、あの手この手で妻の心を解きほぐす事を試みました。

長い時間を掛けて説得しました。

半ば無理やり同意を得て、自ら車でゴミ処理場まで持っていったり、便利屋さんに手伝って貰ったりと、大変な労力とお金も掛かりました。

それにしても、あの当時の事を思いだすと、気分がどんよりしてきます。

 

 

そんな妻でしたが、今は実家に帰りたがりません。

実家には、まだまだ物が沢山残っています。

帰る度に、物の多さにビックリして、息苦しくなると言っています。

もしかして、それ以外にも思うところが有るのかもしれませんが、私にはわかりません。

 

 

最近、妻の事を観察していて、見た目は元気なので気付かなかったのですが、昔の事を思い出すと、もしかして捨てられないのは、何かしら心に障害を抱えているのではないか?と思い、ちょっと調べてみることに。

 

 

妻は物に囲まれていると落ち着くと言っています。

その言葉をヒントに検索していったら、「溜め込み障害」と言われる心の病気がある事を知りました。

 

【溜め込み障害チエックリスト】

物を捨てることに抵抗感が強い

物を捨てることを考えたりすること自体に嫌悪感がある

持ち物に感情的な思い入れが入りやすい

家の中は物があふれにあふれ、台所で調理もできないような状態になっている

古い新聞や雑誌が山積みになっている

大切な物が幾つも見つからない

生ごみに対処がなく、衛生面に問題が生じている

心理的傾向としては何でも先延ばしにしやすく、優柔不断、社会との接点も少なくなっている

 

転載元

溜め込み障害とは?物を捨てられない人は要チェック
【医師が解説】溜め込み障害は、「強迫的ホーディング」「ホーディング障害」とも呼ばれる心の病気です。物をなかなか捨てらない人は少なくないかもしれませんが、家の中に足の踏み場もないほど物が溢れているような場合、溜め込み障害の可能性も。今回は、「溜め込み障害」の症状・を詳しく解説します。

 

以上、妻の事を言っているように感じられました。

若い頃に両親を亡くし、心も体も悪くしていた時期がありました。

妻の経験や言葉からしても、溜め込み障害なのは間違いないと言う感じ。

 

 

今回、「溜め込み障害」の事を知った事で、捨てられない人から脱する為の糸口を見つけられたような気がします。

早速、妻に報告しなければ!

と、妻に向かって、真正面から、「病気だよ、治さなくちゃ」とか言ったところで、大ゲンカになるのは目に見えています。

その前に、良い環境作りを目指して、私がこれから勉強していきます。

タイトルとURLをコピーしました