物を減らして精神をマッチョにする。

登山はやった事ありません。

やる予定も有りませんが、登山道具に興味があります。

生活用具一式を背負って過酷な場所へ行く人の持ち物ってどんな物なんだろうか?と言う興味です。

どれも、小さく、軽く、丈夫で、カラフルで、携行性に優れています。

登山装備の軽量化を謳ったウルトラライトハイキングというスタイルがあります。

重い装備品を持つ事をせず、必要最低限の軽い装備で、体への負担を軽減して身軽に山に登ろうというスタイルです。

必要最低限の装備なので、厳冬期や高山に登るよう事は出来ないですが、軽い装備のおかげで受ける恩恵は大きいです。

登山には如何にして装備品を軽くするかと道具の選定に神経を使っているところが、ミニマリストや断捨離に相通づる部分が有るかと思います。

また、登山ではないですが、必要最低限の道具どころか、何も持たずに手ぶらで野生でサバイバルをする海外の人の動画をネットで見たときに衝撃を受けました。

その動画を見て、なるべく物を持たないのは有利ですが、全く何も持たずに生きていければ、それこそ最強などと考えを馳せていたら、何も持たない野生の動物こそ最強じゃないかな?と考えは行きつきました。

ゴリラ

彼らは何一つ持っていません。

いつも手ぶらです。

戦うための武器すら持っていません。

所有欲が無いのでしょうか?

ミニマリスト思考なのでしょうか?

やるかやられるかの過酷な環境で生きているので、一目散に逃げられるようにと足手まといな物は持たないのでしょうか?

私は物が少なくなってくると、そんな彼らや野生に近付いていると勘違いして、マッチョになった気分がします。

気がするだけでマッチョとは程遠いブヨブヨですが、身体の事ではなく気持ちの事です。

身体に纏った多くの装備品を一つ一つ取り外していくと、最後にはムキムキの筋肉ならぬ、ムキムキの精神があらわになる事が想像されます。

単なる妄想で、決してそんな事にはならないと思いますが、物を減らしていくと、ちょっとだけそんな気がする事は確かです。

物を減らして益々マッチョを目指します。