物を減らしてマッチョになる。

登山はやった事ありません。

やる予定も有りません。

が、登山道具に興味があります。

生活用具一式を背負って過酷な場所へ行く人の持ち物ってどんな物なんだろうか?

と、興味をそそられます。

どれも、小さく、軽く、丈夫で、携行性に優れています。

 

登山をするときに使う道具は、厳選に厳選を重ねて選ぶことになります。

それも、グラム単位までにも神経を使います。

荷物を担いで山を登って行く訳ですから、如何にして装備品を減らして軽くするかを考えなくてはなりません。

 

道具の選定に神経を費やし、少ない持ち物で、如何にしてサバイバルするかを考えなくちゃいけないところが、物を持たない暮らしをしたい我が身と相通づる部分を感じます。

 

そんな事を感じつつ、登山やキャンプ関連の動画を見ていたときの事。

必要最低限の道具どころか、野生で何も持たずに手ぶらでサバイバルをする、海外の人の動画を見つけました。

動物が食べ残した肉を漁ったり、寒くなったらそこいらに転がっている動物の皮を身に纏ったり。

かなりの衝撃映像でした。

その動画を見つつ、全く何も持たずに生きていければ、それこそ最強だなと思いました。

更には、服も靴も履かないで、何も持たない野生の動物こそ最強じゃないか!?

と、気付かされました。

 

野生の動物は何一つ持っていません。

所有欲が無いのでしょうか?

いつも手ぶらです。

やるかやられるかの過酷な環境で生きているのに、戦うための武器すら持っていません。

己のこぶし1つあれば充分という考えなのでしょうか?

マッチョですね。

それとも逆に、一目散に逃げられるようにと、足手まといな物は持たないのでしょうか?

いずれにしろ、ミニマリスト思考なのでしょうね?

 

 

動画を視聴して以降、私は物を減らす度に、己の身ひとつで生きている野生の動物に近付けた気分になります。

マッチョになった気がする。

気がするだけでマッチョとは程遠いブヨブヨですが。

単なる妄想ですが、物を減らしていくと、ちょっとだけ逞しくなった気がするのは確かです。

 

また、身体だけではなく、気持ちもマッチョにしたいと考えます。

身体に纏った多くの防具を一つ一つ取り外していき、最後にはムキムキの筋肉と、ムキムキの精神だけで生きていきたい。

 

物を減らして益々マッチョを目指します!

 

ゴリラ氏「俺には何も必要ないぜ」

ゴリラ

タイトルとURLをコピーしました