本は自炊して全部捨てました。

本に場所を占有される

昔は解らない事や知りたい事があったら本屋へ情報を探しに行っていました。

本屋へ行くと謎が解明出来ると考えるとワクワクします。

また、趣味に関する週刊誌や月刊誌は欠かさず買ったものです。

買った本は大事な物となります。

本を収納するために部屋には本棚が有り、本棚に入りきらない分は押入れに収納していました。

狭い部屋の大きな割合を本に占有されていました。

本は真っ先に捨てる対象となる

本は大切な物です。

が、捨てる作業を開始してから、本がパソコンに取り込める方法を知ります。

そうなると本は真っ先に捨てられる対象となりました。

とにかく重いし邪魔だし場所をとりますからね。

また、ネットを利用するようになってからは本に対する想いは下がりました。

早いところ処分したい物となってしまいました。

スキャンして処分する

最初は手持ちのフラッドヘッドスキャナーでパソコンに取り込んでみました。

しかし、フラッドヘッドスキャナーだとかなり時間が掛かる。

1ページをスキャンするのに20~30秒ぐらいは掛かったような。

全てを取り込む事を想像すると気が遠くなり、スキャン代行業者さんに丸投げする事にしました。

しかし、全部の本を業者さんにお願いするとなると費用が嵩むので、選別して大半は資源ごみとなりました。

 

  • パソコンに取り込みたい本はスキャン業者さんにお願いする。
  • 要らない本は資源ごみに出す。
  • どうしても残したい本を5冊残した。

 

以上、5冊だけ残して本の捨て作業は完了しました。

再度、本を自炊して0冊に

それから数年起ったところで妻の本を大量にスキャンしなくてはいけなくなります。

しかし、なるべく費用は掛けたくありません。

という訳で結局スキャナーを買って自炊する事にしました。

そのときに以前捨てられないで残した5冊の本も全てスキャンして捨てました。

そこで私が所有する本は0冊となります。

 

最近、本は図書館で借りて読んでいますが、たまに買った場合は、読み終えたらすぐにスキャンして処分しています。

残しておきたい資料もスキャンして即捨てです。

スキャナーが有ると、いつでも自分でサクサクとパソコンに取り込めるので、かなり重宝します。

富士通 ScanSnap iX500 (A4/両面)

タイトルとURLをコピーしました