バスタオルをやめました。

バスタオルを使うのは当たり前と思っていた

持たない暮らしや、シンプルライフを意識するようになってから、大きな物から小さなものへという考えが一層強くなりました。

例えばバスタオル。

小さい頃から風呂上りにはバスタオルを使って身体を拭いていました。

バスタオルが当たり前だと思っていました。

バスタオルを使う事に疑問を持った事もありません。

バスタオルの代わりにフェイスタオルを使ってみた

シンプルな生活を目指すようになってから、ふと、フェイスタオルはバスタオルの代わりにならないだろうか?と思い立ちました。

実験的にしばらくフェイスタオルで体を拭く事に。

それからバスタオルは全く使う事なく、今に至ります。

フェイスタオルでも全く問題無いです。

髪が長く伸びたときに、水分を拭ききれないので、フェイスタオルを2枚使った事が数回有りました。

それでも、バスタオル1枚よりフェイスタオル2枚使ったほうが、体積も小さいので、洗濯が楽で乾きも早いという有利性がフェイスタオルのほうにあります。

フェイスタオルの代わりにハンドタオルを使ってみた

更に、フェイスタオルではなく、ハンドタオルではどうかな?と思って試してみました。

結果、ハンドタオルではちょっと小さすぎました。

使えないことはないですが、体を拭いている途中に、何度か絞らなくてはいけないので不採用です。

タオル一枚だけで生活してみた

また、生活の全てを一枚のタオルでまかなえないか?と思い立ち、数日間タオル1枚だけで過ごしてみました。

結果、出来ないこともなかったです。

しかし、生活が不便になって本末転倒なのでこれも不採用です。

思い込みから解放されて新たな手段を知った

バスタオルを使っていたときは、それが当たり前だと思っていました。

バスタオルからフェイスタオルに移行する際は、恐る恐ると言うような感じでした。

しかし、全く問題ない事が分かると、思い込みは怖いなと感じました。

好みの問題が有ったり、髪の長い女性は不便かもしれません。

しかし、男の自分はフェイスタオルが数枚あれば大丈夫!という結論に至りました。