持たない暮らしに拘るとなにも出来なくなり身軽さを損いかねない。

やっぱり物は要らない

労働意欲が湧かない日々です。

そんな状態から脱するため、物欲を喚起する事を試みました。

物欲を刺激してやると労働意欲がグッと上がりますからね。

が、物を所有して身動きが取り辛くなる事を想像すると、「やはり物は要らない」との考えに行きつき、物欲は消滅しました。

結果、労働意欲の喚起に失敗。

持たない暮らしに固執すると八方塞に

物を持てば持つほど身軽さは損なわれていく。

そう思っています。

よって、出来るだけ物は持たない!という考えに固執している自分が居ます。

しかし、そんな考え方、様々な事柄に弊害をもたらしているのではないか?

なんて事も感じたりします。

例えば、前述のように、労働意欲の喚起に失敗したり。

他にも、新たな事を始めたいと考えた時、そんな想いを潰される事が往々にしてある。

 

何かしらの行動を起こすとなると、それなりにいろいろ必要になってきます。

物、時間、お金など。

身軽でシンプルでいたいという思いは、そんな現象をすぐ潰しに掛かる。

結果、なにも出来ず仕舞いに。

 

身軽さを手に入れる為には、固執して盲進でもしなければ、なかなか難しい事。

しかし、充分身軽になったあと、それ以上執拗に追い求める事は、自分で自分の首を絞めるのではないか。

身軽さを追及するばかりに、逆に身軽さを損なっているかもしれない。

そうであれば考えものです。

持たない暮らしもバランスが大事

あくまでもベースは、足るを知り、身軽でいきたいのですが。

必要であれば手に入れなければいけない。

じゃないと、自分自身をがんじがらめにしてしまう。

拘る事は必要であるが、それに縛られて身動きがやり辛くなってしまっては本末転倒。

いい加減(バランス)を心掛けたいものです。

新たな事を始めた時に、必要以上に抱え込まず、抱え込まされる事無いよう、気を付けつつやっていけばいいのではないでしょうか。

また、やりたい事が終わり、不要な物や事が出てきたら、さっさと手放していく。

そう考え心掛け、臨機応変に対処していく。

結果、もっと身軽さを手に入れられるのではないだろうか。

タイトルとURLをコピーしました